ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

INTERVIEW

黒毛和牛のステーキとハンバーグ専門鉄板料理屋

地元の野菜を使い地域貢献

「HIBACHI」

アメリカ(シカゴ)や東京(銀座)の高級鉄板料利店で腕を磨き、お店のマネジメントも経験し、大分県宇佐市で「鉄板料理店」を経営している代表 : 谷 肇一 (タニ ケイイチ)様 にインタビューしました。

黒毛和牛のステーキとハンバーグ専門鉄板料理屋

お店の特徴・拘りを教えてください。

黒毛和牛のステーキとハンバーグ専門鉄板料理屋

 

谷さん

 

もちろん、鉄板料理ですね。私は、アメリカ(シカゴ)や東京(銀座)の高級鉄板料利店で腕を磨き、お店のマネジメントも経験した上で、宇佐市で自分のお店をオープンしました。

宇佐市では、鉄板料理専門店は珍しいので、鉄板料理だけでなく調理しているところの演出なども心掛けています。

また、地元の野菜は新鮮ですので、お客様に自信もって提供が出来るのと地域貢献も含めて必ず地元の野菜を使用しています。

宇佐市で、ハンバーグや黒毛和牛のステーキを鉄板専門で提供しているお店がないので、私の経験を活かし、地域の方々に鉄板料理を提供出来たらと考えています。

ちなみに、ランチは“牛肉100%の粗挽きハンバーグ”や“自家製チャーシュー丼”などディナーでは“黒毛和牛のステーキ”を据えた3種類のコース料理がおススメのメニューです。

そして、大切な記念日や特別な日には「HIBACHIにいこう」といってもらえるようなお店にしていきたいですね。

独立する前は何をされていたのですか?また、独立するきっかけを教えて下さい。

独立する前は何をされていたのですか?また、独立するきっかけを教えて下さい。

 

谷さん

 

21歳からアメリカ(シカゴ)で技術を学びに海を渡りました。ある程度、身についてから東京(銀座)の高級鉄板料理専門店や高級ホテルなどで勤めてきました。

東京では、一流芸能人の方々にも料理を提供させて頂きましたので、とても思い出に残っています。

 

そして、独立のきっかけは、結婚ですね。結婚で大分に移住することになり、大分の新鮮な野菜と今までの経験を宇佐市で生かしたいと思ったからです。

また、一人ひとりのお客様にゆっくりと料理を味わって頂けるのがふさわしい地域と判断しました。人も優しく私にはピッタリな環境です。

夢や目標はありますか?

 

 

谷さん

 

そうですね、将来的にはお店のシステムを会員制にして一組のお客様に最高級の料理を提供して、味や環境に満足してお帰り頂けるようにしたいですね。そして、宇佐を代表とする「鉄板料理専門店」になれるように日々感謝を忘れずにお客様へ“喜び”を提供したいです。


 

ProfileHIBACHI

HIBACHIのオーナー谷さんは、アメリカのシカゴと東京銀座の高級料理店で腕を磨いた一流シェフである。大分県宇佐市の野菜や黒毛和牛などの一流の食材を使用して、「国産100%」のハンバーグや「黒毛和牛」のステーキを提供する鉄板料理専門店。

「HIBACHI」

住所
大分県宇佐市四日市1462-1
営業時間
[ランチ(平日のみ)]11:30〜14:00
[ディナー]18:00~22:00
定休日
水曜日 (不定休)
電話番号
0978-25-9700
ホームページ
http://hibachi-teppan-grill-restaurant.business.site/

写真/文章 稲石 陽(ワンハートドリーム)