ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

INTERVIEW

「人生の余裕は自ら切り開く」

若い人に"個人で稼げる環境"を提供していきたい

「Many margin」

"ネットビジネス"この言葉を聞いた方は多いのでないでしょうか。 職種のカテゴリーは近年増え続けており、今ではネットビジネスやユーチューバーなど個人で稼げる環境が増えている。 そこで、コーティング事業及び個人で稼げる環境を提供している株式会社Many margin 代表取締役 林田 将希さんを紹介させて頂く。

「人生の余裕は自ら切り開く」

きっかけは余裕のある人生を送りたい

「人生の余裕は自ら切り開く」

まず始めになぜネットビジネスで起業をされたのですか?

林田さん :

「余裕のある人生を送りたいと思ったからです。お金が全てではないと思っていますが何をするのにもやっぱり多少なりともお金が必要でそれらが多いほど選択肢、余裕が増えると思うからです。」と語る。
時代の流れからでもある「個人で稼ぐ力」を得るためのきっかけ作りでもあったという。

僕はまだその時学生だったのですが、
まだ学生だからこそ集中してネットビジネスができる。周りの人が遊んでいるうちに自分は稼ぐために時間を使いたい。

学業にも取り組み、今では会社の実績も積みつつ、コーティング事業やシェアハウスの運営までしています。

私には夢がありますので、まだまだ立ち止まれません。

総資産1000億円。そして、若い人に"個人で稼げる環境"を提供していきたい。

総資産1000億円。そして、若い人に

林田さんの夢を教えてもらえますか?

林田さん :

「総資産1000億円。そして、若い人に”個人で稼げる環境”を提供していきたい。」

全てはお金ではないが、若い人に選択肢を与えていく事も大事。
ネットビジネスはパソコン一台で稼げる時代はこれからも需要が高まるに違いない。今はアフェリエイトなど様々なネットビジネスがあるが、近い将来は私が新たなビジネスを開発していきます。

きっと私たち若者が裕福になる時代がきます。

インフォメーション
屋号: 株式会社Many margin

代表取締役:林田 将希

ツイッター https://twitter.com/masapon030603

サイト http://masakihayashida.com/

ProfileMany margin

職種のカテゴリーは近年増え続けており、今ではネットビジネスやユーチューバーなど個人で稼げる環境が増えている。
そして、若者の裕福のため、自由なライフスタイルを提案する会社。

写真/文章 稲石 陽(ワンハートドリーム)