ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.02.17
強すぎる 若きエース藤井五段

現役最年少棋士が、また歴史を塗り替え、将棋界に名を刻んだ。東京都千代田区で17日に行われた朝日杯将棋オープン戦の準決勝と決勝で、藤井聡太五段(15)が永世7冠を持つ羽生善治竜王(47)と広瀬章人八段(31)を連破し、棋戦初優勝で六段昇段の快挙を成し遂げた。もはや藤井棋士の快挙は奇跡ではなく実力だろう。