ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.02.04
89歳のおばあちゃん 自撮り画像が海外でも話題に

72歳の時、長男でアートディレクターの西本和民さんが主宰する写真講座に参加し初めてカメラに触れたことをきっかけに、撮影技術を身につけ独特の感性を育んできた西本喜美子さん。2011年、自身82歳の時には熊本県立美術館で初の個展を開催、画像処理ソフトを巧みに使いこなしたデジタルアート作品やユーモアあふれる自撮り写真が話題に。

 

89歳となる現在も、故郷の熊本で撮影技術と写真加工技術に磨きをかけ続けている。