ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.02.01
マツダ16万台リコール

マツダは1日、エンジンに関わる機器に不具合が確認されたとして、デミオとCX-3、アクセラ(2014年8月~17年10月製造)の乗用車3車種、計15万8785台のリコールを国土交通省に届け出た。

同省によると、点検中にエンジンが壊れる恐れがあったり、運転中に加速できなかったりするケースが計741件あった。

 

エンジンの制御に関わるコンピューターにプログラムミスが見つかったほか、エンジンの排気バルブにすすがたまりやすい問題があることも判明した。