ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

大分2018.01.29
別府市鶴見岳 “大寒がまん大会”

別府市の鶴見岳の山頂広場で1月28日、「鶴見岳大寒がまん大会」が開かれた。

別府ロープウェイ(別府市南立石)の主催で今年24回目となる同イベント。寒さと冷たさを耐え忍ぶ「かき氷早食い」「スノーダーツ」「そーめん早食い」「地獄の針仕事」「氷柱しがみ付き」のオリジナルの5種目で、それぞれ10人が競い合った。

 

鶴見山上駅前広場(標高約1300メートル)の10時の気温は氷点下3度。寒風が吹き付ける中、裸や夏服の参加者がぶるぶると震えながら挑戦する姿に、来場者は笑いながら大きな声援を送った。