ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.01.28
ドラム式洗濯機で死亡

1月27日、大阪府堺市で、5歳の男の子がドラム式洗濯乾燥機の中でぐったりしているのが見つかり、その後死亡した。

 

洗濯乾燥機は内側から開かない構造のもので、男の子が中に入ったあとドアが閉まり、閉じ込められ、窒息死した可能性が高いとみられている。

 

ドラム式洗濯乾燥機は扉が横向きについており、低い位置であることから、子どもが出入りするのは容易だ。

一方、縦型洗濯機でも子どもが溺死する事故が起きている。消費者庁は「踏み台になるような洗濯かごなどは近くに置かない」ように呼びかけている。