ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.01.25
ストーカー加害者 再発防止へ

全国の警察では、ストーカー規制法に基づく警告などを行った加害者に対して、専門家の意見を踏まえ、必要に応じて医療機関での治療を働きかける取り組みを、昨年度から開始している。

昨年度1年間で治療を働きかけたストーカー加害者は405人にのぼったたが、実際に受診をしたのは93人にとどまり、8割近くが受診を拒否していた。

 

一方、治療を完了した加害者の中で、つきまといなどが再発した人はおらず、治療を中断した人などで再発した人は7人いたということで、警察庁の担当者は「加害者への精神医学的アプローチなどが再発防止に一定の効果があるとみられ、取り組みを促進したい」としている。