ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

スポーツ2019.08.04
星稜・奥川 最大の敵は猛暑…昨年の反省生かし対策へ 食事睡眠と水分補給はしっかり!

「全国高校野球選手権・組み合わせ抽選会」(3日、フェスティバルホール)

6日に開幕する「第101回全国高校野球選手権大会」(甲子園、16日間、準々決勝と準決勝の翌日に休養日)の組み合わせ抽選会が3日、大阪市内で行われた。優勝候補の星稜の初戦は、第2日第3試合で旭川大高との対戦に決定。今秋のドラフト1位候補の奥川恭伸投手(3年)は、相手校の分析を進めると同時に体調管理の重要性を強調。昨年の甲子園で、試合途中に右足のけいれんで降板した反省を生かす。

全国の舞台で楽な対戦は存在しない。日本一に向けた初戦の相手が旭川大高に決定。「どこに入っても楽なところはないというのは重々承知していたので」。どこであろうと、奥川に慢心は生まれない。だからこそ、相手以上に気にかけたのは試合時間。大会2日目第3試合、開始予定は13時だ。

「第3試合目で、昼間のゲームで気温が高いことが想定されるので、自分の体調も管理していければと思います。敵が暑さにならないように、試合に集中できるようにしたい」

暑さのピークとも言われる魔の時間。懸念したのはその部分で、苦い記憶があるからなおさらだ。昨夏の甲子園では2回戦の済美戦で右足がけいれんして降板。そこからチームは逆転負けを喫した。「試合に勝った負けたよりそういうことが起こらないように」。昨年からの成長を示す舞台。もちろん対策は立てている。

「しっかりと食事、睡眠、あとは試合中の水分と塩分にも気を付けたい。『塩分チャージ』というタブレットを食べるようにしていて(試合中も)食べます。水分も『(経口補水液の)OS-1』とか。(タブレットはこれから)買います(笑)」

昨年の二の舞いを避けるべく、塩分やミネラルを積極的に摂取することで厳しい夏を戦い抜く。林和成監督(44)も同じ考えだ。今回の甲子園遠征に合わせて、個人的に沖縄から取り寄せている“高級塩”を持参。「ベンチに盛ったり、選手にもなめさせようかと」。奥川をはじめ、選手のケアにも意識を配る。

この日の午前中には、炎天下で甲子園練習を行った。奥川は新調した黒色のグラブを使い、マウンドからの投球も披露するなどセンバツ以来となる甲子園の感触をチェック。調整は順調だ。

「最後の大会なのでどのチームよりも野球を楽しんで、やろうという気持ちです。2年半の集大成なので今までやってきたことをグラウンドで発揮できるようにしたい」と奥川。目指すは日本一。準備を整え、本来の力を発揮さえできれば、栄光への道が開ける。

本当に暑いのでしっかり水分をとって全力プレーを!