ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

大分2018.01.19
レジオネラ菌感染により高齢者死亡

大分県国東市の高齢者施設で、先月から今月にかけて入所者の80代から90代までの男性3人がレジオネラ菌に感染していたことがわかった。

このうち、90代の男性が今月14日に死亡し、また80代の男性はレジオネラ症を完治したが、19日に肺炎により死亡した。

 

県は今月15日に、この施設を立ち入り調査し、感染源を加湿器と特定した。加湿器からは基準値の2万2000倍にあたる菌が検出されたという。

県によると、感染源の加湿器について施設側が適切に管理しており、菌が繁殖した原因はわかっていない。