ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

大分2018.01.16
豊後高田市 給食費と医療費の無償化

大分県豊後高田市が新年度から、小中学校の給食費と高校生までの医療費をセットで無償化することが分かった。九州各県によると、市レベルで両方を無償化するのは九州初である。給食費無償化を含めた負担増は年間約9300万円になる見込みで、財源にはふるさと納税の増収分を充てる。市は新年度予算案に関連事業費を盛り込む。

同市は人口約2万3千人。人口減少が続く中、市内の祖父母宅などに移住する「孫ターン」者への奨励金支給など定住促進に力を入れている。市の担当者は「子育て世代を呼び込む先行投資。他の自治体が始めてからでは遅い」と話す。

 

ただ、子育てにかかる親の負担の地域間格差は広がりかねない。自治体間の競争に委ねるべきか、国が一律に保障するべきか、子育て費用の公費負担を巡る議論にもなりそうだ。