ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.06.14
福島第2原発の全基廃炉検討

東京電力ホールディングスの小早川智明社長は14日、福島県庁で内堀知事と会談し、廃炉検討を表明。小早川社長は「このままあいまいな状況を続けること自体が復興の足かせだ」と述べました。東日本大震災で深刻な事故を起こした福島第1原発も含め、計10基あった県内の原発は全て廃炉となります。