ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

スポーツ2018.07.03
日本、ベルギーに逆転負け 初のベスト8進出ならず

サッカーワールドカップ・ロシア大会は3日、決勝トーナメント1回戦が行われ、日本代表はベルギー代表と対戦。日本は2-3で敗れ、初のベスト8入りを逃しました。

 

日本代表MF本田選手は、自身3度目となったロシア大会が最後のW杯となることを明言しました。ベルギー戦は2-2と同点の後半36分に投入され、同48分には無回転FKでゴールを狙ったが得点に絡むことはできませんでした。現在32歳の本田選手は、22年カタール大会では36歳となりますが「4年後はもうない」と断言。一方で代表引退については「今後どうするかは、まだ決めていない」と明言を避けました。