ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.05.29
日大アメフト部 内田前監督ら「除名処分」

日大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質なタックル問題で、関東学生連盟が29日に臨時理事会を開きました。同日夜に柿沢優二理事長らが都内で記者会見し、日大の内田正人前監督と井上奨前コーチについて、永久追放に相当する「除名」処分にしたと発表しました。この処分を受け、日大アメフト部は加藤直人部長の名でコメントを発表しています。

コメントでは「裁定を重く受け止め真摯に対応させていただきたく存じます。早急に改善策を策定、実行し、二度とこのような事案が起こらないよう不退転の覚悟ですすめて参りたいと存じます」と一連の問題を謝罪。さらに「活動の再開をお許しいただけるように、部を一新して、誠心誠意努めてまいります」としています。