ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.05.22
アメフト日大選手が会見、競技人生にピリオド

大学アメリカンフットボールで、関学大の選手に悪質な反則タックルを仕掛けた日大の当該選手(20)が22日、会見を開きました。今回の経緯を説明した同選手は「今後、フットボールを続けていく権利も意志もない」と競技人生にピリオドを打つと明かしました。

 

また、騒動後に退部を申し入れるも、監督やコーチから引き留められたことを明かし、「こんなプレーをしてアメフトを続けることはとても考えられない。権利はない」と話しました。

 

会見に同席した代理人弁護士は、18日に同選手と両親が、負傷した選手とその両親に会って直接謝罪したことを明らかにしています。