ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.05.04
VW排ガス不正、前CEOを起訴

米当局は3日、排ガス不正問題「ディーゼルゲート」に関わったとして、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のマルティン・ウィンターコルン前最高経営責任者(CEO)を起訴した。

 

VWは昨年、排出ガス不正に関し米環境当局に虚偽の説明をしたとして有罪を認めているが、ウィンターコルン氏の起訴によって、この問題での訴訟が同社最高位にまで及ぶことになった。

 

ウィンターコルン氏は不正の発覚を受けて15年9月に辞任した。VWは世界約1100万台の自動車で、許容値の最大40倍となる有害な窒素酸化物が排ガス検査で検出されないよう不正を行っていた。