ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.04.15
比嘉 体重超過で“世界王座剥奪” 日本人初

日本ボクシング史上初の失態だ。プロボクシングのダブル世界戦(15日、横浜アリーナ)で3度目の防衛を狙った世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)は14日、体重超過で王座を剥奪された。日本選手の現役世界王者が体重超過でベルトを失うのは初。所属ジムの具志堅用高会長は「ファンに申し訳ない」と深々と頭を下げた。

 

力強い回転力のあるパンチでKOを重ね、比嘉は次代の「スター候補」と期待された。世界王座は体重超過で王座を剥奪された相手を倒して手にした。皮肉なことに自らが同じ過ちを犯して王座を失い、今後のボクサー生活は足踏みを強いられる。