ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

医療2018.01.27
生活保護受給者にジェネリック医薬品を

厚生労働省は27日、生活保護受給者について、医師が問題ないと判断すれば、先発医薬品より安い後発医薬品(ジェネリック)を原則使用することを生活保護法に明記する方針を固めた。

 

受給者の高齢化に伴い増え続ける医療費(医療扶助)の抑制が狙いである。今国会に同法改正案を提出し、2018年10月の施行を目指している。