ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.01.16
“あおり運転” 罰則化

警察庁は、去年6月に起きた東名夫婦死亡事故をきっかけに、あおり運転など悪質・危険な運転行為への対策を求める声が高まっているとして、16日、捜査の徹底と迅速な行政処分を柱とした総合的な対策を発表し、全国の警察に通達しました。

捜査については、「危険運転致死傷罪」や「暴行罪」など、あらゆる法令を駆使するよう指示しています。

その上で、暴行罪が適用されるようなあおり運転の当事者については、将来、事故を起こす可能性が高い人物「危険性帯有者」として免許停止とするなど、積極的な行政処分の活用と手続きの迅速化を図っている。