ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

ニュース2018.01.14
スマホの”ながら運転”厳罰化

政府は、スマホなどを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰則について、現状の「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げる。また、軽微な交通違反を犯した際に、反則金を納付すれば刑事訴追されない交通反則通告制度の対象から除外する。

さらに、直接交通の危険を生じない場合でも、現状の「5万円以下の罰金」から「6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化する方向で、改正法案を提出する予定だ。