ワンハートドリーム

「みんなのこころをひとつに」
人と企業を繋ぎ、夢をかなえる広告

NEWS

大分2018.01.11
宇佐市塾 2020年度に開設予定「平和ミュージアム」

「豊の国宇佐市塾」塾頭の平田崇英さん(69)は、500年以上続く浄土真宗本願寺派・教覚寺(宇佐市森山)の住職を務める傍ら約30年間、地域づくり運動をリードしてきた。

宇佐を見つめ直すため「宇佐細見」をテーマに掲げて取り組むと、何もないと思っていた古里に歴史や文化など多くの発見があったという。その中から作家の横光利一や大横綱・双葉山など全国に誇れるような人物5人にしぼり、『宇佐細見-人物編』として地域づくりシンポジウムを開催した。
さらに「宇佐細見読本・横光利一の世界」の出版で自信をつけた塾生らは、「双葉山の世界」「宇佐航空隊の世界」(1~5)などを出版し、宇佐細見シリーズは現在11冊を数える。

現在は「戦争と平和」をテーマに太平洋戦争の映像資料などの収集・保存活動に力を入れる。市が2020年度の開設をめざす「平和ミュージアム」構想も後押し、地域作りの中心を担っている。

豊の国宇佐市塾  ホームページ